ダイレクトワン増額審査

ダイレクトワンで増額審査依頼するよりもキャッシング新規申し込みなら即日融資可能

ダイレクトワンで増額審査を希望される方は非常に多いです。

 

ダイレクトワンはスルガ銀行の系列会社で、増額のためには、

 

1.毎月遅れずに返済しているかどうか(ダイレクトワンへの返済実績を作る 最低6か月

 

2.ダイレクトワンは総量規制対象なので、昨年度年収の1/3までの増額を希望額として出す。

 

3.ダイレクトワンに収入証明書を提出して審査&仕事場への在籍確認

 

この3ステップを踏まなければなりません。

 

 

まとめると、ダイレクトワンで増額するには

 

6か月の返済実績と、収入証明書、

 

勤務先への在籍確認が必要です。

 

増額できる金額は年収の1/3が上限です。

 

それ以上を希望すると増額審査に落ちるので注意してください。

 

ダイレクトワンは新規の審査は非常に甘いのですが、

 

キャッシング増額となると途端に審査が厳しくなるのです。

 

その理由は過去の返済実績を評価項目にしているから。

 

当サイトでお勧めするのは、ダイレクトワンでの増額よりも大手消費者金融での新規申し込み。

 

ダイレクトワンでのお金の借り入れがあったとしても、

 

プロミス、モビット、アイフルなど大手消費者金融であれば審査通過に不安になる必要はありません。

 

プロミスでは勤務先在籍確認の電話はオペレーターに相談すれば対応してくれますし、

 

モビットWEB完結も職場電話なし、郵送物なしというサービスです。

 

アイフルも電話なしを希望すれば対応してくれます。

 

ダイレクトワンへの増額審査で6か月も待つよりは、

 

プロミス、モビット、アイフルへの新規申し込みを検討してみてください。

 

 

 

・プロミスのオペレーターに審査相談で会社電話連絡なし
※ご希望に添えない場合もあります。
・プロミス金利 4.5%−17.8%
・アドレス登録と、WEB明細利用で30日無利息
・借り入れ3秒診断
・来店不要、即日融資も可能なので便利

 

プロミス

 

 

プロミス職場連絡 詳細情報

 

 

 

・モビット金利3.0−18.0%
・モビットWEB完結で書類なし、職場電話なし
・10秒簡易審査
・来店不要即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

モビット

 

モビットWEB完結で職場電話なしキャッシング

 

 

 

アイフルは大手消費者金融の中でも、安心感をセールスポイントにしており、

 

アイフルは在籍確認に融通を聞いてくれる金融機関です。

 

他社消費者金融で融資の審査否決になった場合も、

 

アイフルで借りれたというケースも数多くあります。

 

アイフルのおまとめローンで他社消費者金融のお金を一括返済できたり、

 

借り換えローン活で従来の消費者金融からの借金を返済して金利を下げたりと、柔軟性のある金融機関といえます。

 

・金利4.5%−18.0%
アイフルは1000円から借り入れ可能で最大500万まで融資可能
・即日融資可能
・最短30分で審査完了
・来店不要で融資完了
・お金を借りるまでの流れがシンプル 
・パートアルバイトもキャッシング可能 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
・担保不要 連帯保証人不要
お金を借りられるかどうか1秒でわかる1秒診断

 

 

アイフル在籍確認 詳細

ダイレクトワンの審査基準 審査通過からキャッシングまでの流れ

 

ダイレクトワンは、静岡県沼津市に本店のあるスルガ銀行グループの消費者金融となります。

 

銀行傘下であっても、消費者金融にあたり、貸金業法の影響を受けますので、カードローンは総量規制対象となります。

 

申し込みの際は、他社借入などを合算して3分の1の額を超えることが見込まれる場合は、審査で否決となりますので、じゅうぶん注意するようにしましょう。

 

ただし、借り換えローンについては、返済額や金利面を軽減するためのローンとなり、利用者が一方的に有利になる借り入れとなりますので、総量規制対象外となり、年収の3分の1を超える借り入れも可能となる場合があります。

 

その場合は、最初に借り入れしてから返済専用のローンとなり、増額や追加融資は受けられません。

 

ダイレクトワンの申込対象者は、満20歳から69歳までの方で、仕事に就き、安定した収入を得ている方です。主婦、パート、アルバイト勤務、学生、年金受給者であっても申し込みの対象となります。

 

ただ、専業主婦の場合は、家族や配偶者に収入があっても、総量規制の問題で審査に通ることは難しいと考えられます。

 

よくある質問の欄に、回答として店舗かコールセンターに相談するようにと記載されていますが、経営母体のスルガ銀行のカードローンなら総量規制対象外となりますので、そちらの利用を検討した方が通りやすいでしょう。

 

ダイレクトワンでは申し込みから契約までのスピードが迅速で、即日融資も可能となります。

 

申し込みは店舗やインターネット、コールセンターの電話から行えますが、実店舗は静岡県に住んでいる方以外は出向きにくいですし、電話申し込みは、規定の時間内に必要書類をFAXで送信できる方でないと、即日融資に対応できません。

 

パソコンやスマートフォンから、インターネットでの申し込みや書類の提出ができますし、契約までをウェブ完結できますので、手間をかけずに申し込みしたいと考える人には向いている方法と言えます。

 

本人確認の書類については、運転免許証や運転経歴証明書なら追加の書類は必要なく、他の書類を利用した場合には、公共料金や税金の領収書を添付する必要があります。

 

1つ注意したいのは、公共料金や税金の支払いが期日に遅れてしまった場合には、領収書を見て一目瞭然となることがあります。審査上、良い印象を持たれない場合がありますので、コールセンターに相談して住民票の添付でよいか確認をした方がいいかもしれません。

 

収入証明書がいるケースとしては、ダイレクトワンの借入と他社借入を合算して総額が100万円を超える場合、希望限度額が50万円を超える場合となります。

 

総量規制と照らし合わせる必要があることから、このような規定があると考えられます。他の消費者金融でも同様の規定が見られますので、特に基準が厳しいわけではありません。

 

また、自営業やフリーランスの方は、営業の実態を確かめるため、希望額に関係なく必要となると考えたほうがいいかもしれません。

 

コールセンターに電話をするようにと記載されていますので、確定申告書等の書類以外に必要となる書類がある可能性が予想されます。

 

金利面から考えると、下限金利は4.9%ですが、上限金利は20%となることがあります。一見、20%は他の金融機関よりも高金利のように思われる方が多いでしょう。

 

通常の金融機関は借入限度額を10万円以上と設定していることから、上限金利は18%以下となりますが、10万円以下の借入の場合は上限金利が20%以下となる規定があります。

 

ダイレクトワンでは、申し込み対象者の範囲が比較的広く、多くの人に貸付できるように限度額を1万円から設定しているため、そのような金利になります。

 

比較的貸付額も柔軟になっていますので、審査基準はかなり収入が低めの人にも配慮されているように見受けられます。

 

審査に通過した場合は、来店の場合はそのまま窓口で手続をし、その場でローンカードが発行されます。

 

インターネットで申し込んだ場合には、メールで合否が通知された後にウェブ上で契約をします。

 

電話申し込みの場合は、FAXか郵送で契約書類を送付します。

 

インターネットや電話申し込みでは後からローンカードが郵送されますが、契約書類が確認出来次第、申込者が指定した預金口座に振り込みで融資してもらえますので、即日融資が可能となります。

 

その後の借り入れをするには、ローンカードを利用して提携のATMから入手するか、店頭に出向き窓口で手続きをするか、電話で振込融資を依頼するかのどれかになります。

 

他の金融機関のように専用サイトにログインして、キャッシングを依頼するという方法は利用できませんので、注意してください。

 

また、スルガ銀行のダイレクトワン支店で預金口座を作るとATMの手数料が無料となる優遇措置があります。窓口での手続きや電話での振込キャッシングは手数料無料ですので、安心して手続きができます。

 

電話で依頼する場合には、13時30分までに手続きをすると当日の入金が可能となるので、それまでに済ませるといいでしょう。

 

 

ダイレクトワンの在籍確認 キャッシング審査で会社に電話来る?

 

ダイレクトワンでは審査の最終段階で在籍確認の電話がかかってきます。

 

ほぼすべての金融機関では、申込をした方に対し、貸付をするのにあたって返済能力があるかどうか、どのくらいの額を貸し出せば確実に返してもらえるのかを詳しく調べる必要があります。

 

申込書に書かれた内容だけで判断すると、申込者が本当のことを記載していればいいのですが、収入を多めに書いたり、無職であるのに嘘の勤務先を記載したりして鵜呑みにすると、返済できなかった場合に損害を被る恐れもあるからです。

 

また、ダイレクトワンをはじめとした消費者金融では、貸金業法上で定められている総量規制による規定があります。

 

総量規制が適用されるローンの借入限度額の総額が、年収の3分の1以内に収まらなければならないという決まりがありますので、申込者がきちんと他社借入額を申請してくれれば、審査時に限度額の設定ができますし、超過する場合は否決にしたり、総量規制対象外のおまとめや借り換え目的のローンを紹介することも可能となります。

 

ばれないだろうと、他社借入を内緒にされて申し込まれた場合には、貸金業法に違反することになりますし、借り入れがかさんで返済できなくなった時には、やはり回収できずに貸し倒れとなってしまう可能性も高くなります。

 

審査は金融機関側だけでなく、申込者のためにも必要となるものなのです。

 

審査では、最初に信用情報機関で申込者の情報を閲覧することになります。

 

カードローンなどのローンを組むのが初めてかどうか、他社の借り入れ残高があるのか、今までのローンの返済履歴はどのようになっているかを精査します。

 

すでに他社借入があるのに、さらに貸付を希望する場合には、お金に困っているのではと判断される可能性もありますし、今までの記録から良好な返済歴を積み上げている方の場合や遅滞無く完済している場合は、かえって信用度が上がることもあります。

 

カードローンに申し込むのが初めての方の場合は、クレジットカードや分割契約などの利用歴が参考にされます。店舗独自のショッピングローンや、携帯電話の機種の分割払いも信用情報機関に記載されます。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の対象となります。キャッシング枠が年収の3分の1に達している場合には、限度額の設定ができませんので注意しましょう。

 

できれば必要最低限分だけに減額するか、ショッピングのみで利用するクレジットカードの場合は、キャッシング枠をなしにしておくことをおすすめします。

 

クレジットカードや分割契約で、約定返済に遅れて後から入金したなどの記録がある場合には審査時に不利になりますので気をつけましょう。

 

なお、3ヶ月以上の延滞や、保証会社や保証人が代わりに弁済した記録、債務整理等による記録がある場合には、審査に通る可能性は難しくなります。

 

在籍確認をされる前に否決される可能性が高くなるので、記録が残る5年間は、ローンを組むのが難しいと考えた方がいいでしょう。

 

特に個人再生や自己破産の場合は、7年から10年ほど記録が残ることになりますので、その期間を過ぎてからでないといけません。

 

申込書類の確認と信用情報機関の閲覧が終われば、ほぼ審査が終わったも同然ですが、一番大切な確認事項が残っています。

 

それは、現在の勤務先で確実に仕事をしていて収入があり、返済能力があるのかということです。そのために、勤務先と記入された会社に電話をし、在籍確認をする必要があるのです。

 

大企業の代表電話では、申込者個人のことまで把握しきれないことがありますので、できれば自分が所属する部署名と内線番号まで記載するようにしましょう。

 

ダイレクトワンの在籍確認は、会社の同僚や上司に借り入れのことが知られないように、厳重に配慮されています。電話は番号の記録が勤務先に残らないように非通知でかけられます。

 

ダイレクトワンという社名を名乗らずに、個人名で電話がかけられ、ますので、必要以上に心配することはありません。同僚や上司に、付き合いでクレジットカードの作成を頼まれたので、在籍確認の電話がかかってくるだろうと言われたというようなことを伝えれば、怪しまれることはないでしょう。

 

本人が電話に出られた場合には、名前の確認と借り入れの申し込みの確認をするだけですので、拍子抜けするくらいにすぐに終えることができますので、忙しい方でも安心して応対できます。

 

席を外していたり、社外の用務先にでかけていた場合には、同僚の方が、席を外している、客先に出向いているなどと応対すれば、確実に在籍していることが確認できますので、その後にまた勤務先に電話をかけることなく終了します。

 

もし、勤務先が私用電話が受け付けられない会社だったり、電話に応対する人員が不足している事務所などの場合で在籍確認を行うのが難しい場合は、ダイレクトワンのコールセンターに事前に連絡をして、相談するといいでしょう。

 

 

ダイレクトワン増額審査

ダイレクトワン増額審査 ダイレクトワンでの増額審査で金額がアップする査定基準とは

便利な即日融資を希望するというときは、家庭のパソコンであるとかスマートフォンやガラケーが簡単なんです。

 

これらを使ってカードローンの会社のサイト経由で申し込んでください。

 

できれば利用したいカードローンがどの系列に分類される取扱会社のカードローンでどんな特徴があるのかということについても気を付けるべきだと思います。

 

それぞれが持っているいいところと悪いところを知っていただいてから、

 

あなたにピッタリのカードローンはどのカードローンなのかを見つけ出してください!

 

最近実施会社の数が増えている一定期間(最大30日間)の利息は1円たりとも必要ない無利息キャッシングは、資金を準備してくれたローン取り扱いの金融機関に返済しなくてはならないお金が低くすることが可能なので、

 

これは見逃せません。

 

ちなみに利息不要でも判定のための審査が一般よりも通過させにくくしているなんてこともないのです。

 

勘違いかもしれませんがすぐに入金してくれる即日キャッシングの場合は実際にキャッシングの審査をするとはいえ申込書類を審査するだけで、申込んできた利用希望者のことを間違えないように審査して判断しているはずがないとか、正しくない先入観を持っていることはありませんか。

 

ずっと昔はキャッシングを新規申込んだときの事前審査が今とは異なり相当緩やかだった年代も存在していたんです。だけど最近の申込に関しては緩いなんてことはなくなって必須の事前審査のときは専門業者による信用調査が確実に実施されているのです。

 

急な出費にも対応できるキャッシングの申込む際もの方は、担当者のいる店舗はもちろん、そのほかにファックスや郵送、オンラインを使ってなど多様で、同じキャッシングでも一種類でなく、いろいろな申込み方法から選択したいただくことができるところも多いようです。

 

急増中の消費者金融系といった会社は対応が早くて即日融資できるところがよくあります。そうはいってもこういった消費者金融系でも、それぞれの会社の申込をしたうえで審査は受けなければ即日融資はできません。

 

依頼したキャッシングカードの申込書の内容に不足や誤りが見つかれば、ほとんどのケースで全てを再提出か訂正した部分に訂正印が押していただくことになるので、処理してもらえずに返されて遅くなってしまうのです。本人の自署でないといけないケースでは念入りに点検するなど丁寧に処理しましょう。

 

ダイレクトワン増額審査 ダイレクトワンでの増額審査で金額がアップする査定基準とは

短い期間に何社ものキャッシング会社や金融機関などに新たなキャッシングの申込書が提出された方については、困り果てて資金調達にどこでも借金を申し込んでいるような疑いをもたれてしまうので、事前審査では不利な扱いをされる可能性が高くなります。

 

近年はオンラインで用意された必要事項に回答するだけで、融資できる金額や返済プランを、その場でいくつかの案を提案してくれる親切なキャッシングの会社も存在しており、キャッシングの申込に関しては想像以上に容易にできます!一度試してみませんか?

 

突然お金が必要になってキャッシングまたはカードローンなどを利用して必要な融資を受けさせてもらってお金を借りるってことは少しもイケナイことではないんです。近頃は女の人用に開発された専用の女の人が借りやすいキャッシングサービスもいろいろ選べます。

 

どうも最近ではほんとは別の意味があったキャッシング、ローンの二つの単語の意味とか使い方といったものがわかりにくくなってきていて、キャッシングでもローンでもどちらも同じ定義であると考えていい加減に使うようになり、違いははっきりしていません。

 

融資は必要だけど利息はできる限り払わなくていい方法を探しているなら、新規融資後一ヶ月だけは金利を払わなくてもいい衝撃的なスペシャル融資等がしょっちゅう開催中の消費者金融会社による即日融資を使っていただくことを考えるべきでしょうね。

 

とても多いカードローンの会社の違いでいくらか相違はあることは間違いないのですが、申し込みのあったカードローンの会社は審査を基準どおり行って、ご希望に合った融資をその申込んだ人に即日融資することが間違いでないか慎重に確認しているのです。

 

ぱっと見ですが少額の融資が受けられて担保などを準備しなくても素早く借りることができる融資商品である場合に「キャッシング」「カードローン」などの表記を用いて紹介されているのを見ることがほとんどだと想像されます。

 

このところ誰でもインターネットで窓口に行く前に申込みが済んでいれば、希望しているキャッシングについての結果がスピーディーに出すことができる流れになっているキャッシング会社まで珍しくなくなっているようでずいぶんと助かります。

 

もしや即日キャッシングだったら現実にキャッシングの審査をされると言いながらも書類の内容を確認するだけで、申込んだ人が過去にどうだったか、今はどうなのかを失敗することなくチェックして判定しているはずがないとか、事実とは違う考えなのではありませんか。

 

念を押しておきますが、大人気のカードローンというのは、利用方法がおかしいと多重債務発生の要因になってしまう可能性もあるのです。便利なローンは借り入れなんだという意識を忘れずに!

 

無利息期間と言われるサービスが利用できる魅力的な即日キャッシングをいろいろ比べてみてから活用できれば、利息の設定に振り回されずにキャッシングが決められるので、すごく便利にキャッシングが可能になる借入方法だから利用者が急増中です。

 

最近では見かけることが多い無利息でのサービスが受けられるキャッシングが始まった時期は、新規キャッシングを申し込んだ場合に対して最初の7日間だけ無利息だったのです。当時とは異なり、現代は新規に限らず30日間は無利息でOKというのもあって、そこが最長タームとなったから魅力もアップですよね!

 

支払いのお金が今すぐ必要!なんて悩んでいるなら、正直なところ、申し込み日に口座振り込みされる即日キャッシングによる融資が最適だと思います。まとまったお金がその日のうちに振り込んでほしいときには一番魅力的なサービスが即日キャッシングというわけです。

 

利用者が多い利息がいらない無利息キャッシングは、決められている30日間で完済が不可能になっても、一般的な融資で普通に金利が必要になってキャッシングしたケースと比較して利息がかかる期間が短く済むわけですから全ての利用者に優しいサービスなのです。

 

申込に必要な審査は、ほとんどの金融関係会社が加盟・利用しているJICC(信用情報機関)で、本人の過去と現在の信用情報を調べています。新規にキャッシングを申込んでお金を手に入れるには、事前の審査をパスする必要があります。

 

きちんとした情報に基づくキャッシングやカードローンなどに関しての情報を得ることによって、必要のない不安な気持ちや油断がもたらす面倒なもめごととか事故が発生しないように備えるべきです。知識が足りないことで損することだって多いのです。

 

住宅の購入や改築などのための住宅ローンであるとか車の購入などのためのマイカーローンとは違って、一般的なカードローンを利用する場合はどういう目的で借りるのかということは自由なのです。このような性質のものなので融資金額の増額だって問題ないなど、何点かカードローンにしかない魅力があると言えます。

 

必須となっているキャッシングの際の事前審査では申込者の1年間の収入とか現在までの勤務年数などが最重要項目です。かなり古いキャッシングで返済遅れがあった…これらはひとつ残らずキャッシングなどを取り扱っている関連会社には全てばれてしまっていることが普通なので古いことでも気を付けてください。

 

いざというときにキャッシングやカードローンを使って資金の融資をしてもらって借金するのって全然変じゃありません。

 

昔は考えられませんでしたが今じゃ女性限定で提供されているちょっと変わったキャッシングサービスもあるんです!

 

なんとなく個人を対象とした数万から百万円程度までの少額融資で申込んだらたちまちお金を準備してもらえるサービスのことをいつも目にする「キャッシング」「カードローン」などの名前を使っているものを目にすることが大部分を占めていると想像されます。

 

なんと今ではキャッシング会社のホームページなどで画面の表示された簡単な設問項目の入力を行って送信ボタンを押すだけで、借り入れ可能な金額などをすぐに試算ができるキャッシングの会社も増えてきているので、一見めんどくさそうでも申込手続は案外スイスイとできるようになっています。

 

でたらめにキャッシングを利用するための審査を申込むようなことがあったら、本来は特に問題もなく認められると思われる容易なキャッシング審査も認めてもらうことができないなんて結果を出されるケースも想定されますから、申込は慎重に行いましょう。